Kスマート

K-smart
今なら、無料でお試し頂けます!無料IDの発行はこちらから!

tel03-3363-0646
Kスマートの特長

 Kスマートの3つのポイント

経営計画
経営分析
キャッシュ分析

  Kスマートの経営計画

数字だけでは分かり難い経営計画書を図解で表しているツールです。
左には現状でのペイラインを表す「損益(資金繰り)分岐点」を表しています。
他2つの目標数値を図解化し、3つの経営計画が一目で分かる様になっています。

予算実績対比グラフ

経営計画をもとに、毎月の実績により予算の達成度がグラフですぐに分かるツールが「予算実績対比グラフ」です。
会社の経営成績がどのような状況にあるかをわかりやすくコンサルすることができます。
計画に対する実績を「見える化」できるようになっています。

  Kスマートの経営分析

毎月の試算表を図で表すと、こんなに簡単に説明できます。
会社の格付けもすぐにできます。
「各月の損益計算書」と「期首からの累計損益計算書」それと「月末時点の貸借対照表」が一目で理解できます。
「三期決算書図表」と組合せて見ると、直近4期の比較が可能になります。

直近三期分の決算書を図解したツールです。
経営状態が見える化(ビジュアル)で、すぐに理解できます。
また、「健全性」「収益力」「生産性」等の重要要素が手にとるように分かります。

  Kスマートのキャッシュ分析

キャッシュフロー計算書

「当期損益」と「現金の増減」は、必ずしも一致しない。その差異の原因を表すのが「キャッシュフロー計算書」です。
数字で表すと難解ですが、それを図解化しました。面積と色で表現しています。
専門的知識がない方でもすぐに理解できます。

キャッシュ推移表

キャッシュの動きを忠実に表現した「現金ベースの試算表」です。会社のサイフの中身が手に取る様に分かります。
実際の「儲け」で「ランニングコスト(借入返済も加味)」を賄う比率「資金繰り指数」(キャッシュ充足率)も表現しています。

借入金返済も含めて事業採算がとれているかすぐに判断できる新しい図表です。

運転資金の何倍月末のキャッシュがあるかは、資金繰りの余裕度を見るうえでとても重要な要素です。
この表は、その余裕度が図解され、一目で分かる様なツールです。
グループ会社も連結ベースで見られます。

ご質問・資料請求・お申し込みについてのお問い合わせはこちら
ページトップへ戻る